トップページ > パフカルとは

土に代わる新素材(パフカル)はミドリエの新しい発明です。

パフカルって?

ミドリエが独自に開発したパフカルは、土に代わる 画期的な新素材です。
植物の根に、水と空気を理想的なバランスで 供給出来ます。
それは、これまでの常識を変える、土を超えた 「新しい土壌」です。

空気と水のバランス
 パフカル7% : 空気65% : 水28%
 土60% : 空気20% : 水20%

パフカルって?

パフカル4つの特徴

清潔 軽量 生育 簡単

生育力 土よりも成長スピードが速い

生育曲線

優れた保水能力

保水能力は下から上までほぼ均一であり、20cmの高さまで水を 吸い上げることが可能。水やりの頻度も少なくて大丈夫、水やり タイミングがわかりやすい。

【顕微鏡写真×500】

ウレタン層 水分散素材

【パフカル】
保水能力は、下から上まで
ほぼ均一です。

パフカル

【一般の保水スポンジ】
保水能力は、ある高さで
急激に減少します。

一般の保水スポンジ
パフカルタッチ

パフカルタッチ
水位確認窓から水が見えなくなっても、
パフカルはしばらく水を含んでいます。
パフカルを直接触ってみて、柔らかければ、まだ大丈夫。
少し硬く感じたら、水やりのタイミングです!

パフカルタッチ

パフカルは環境に優しい

土は捨てることが出来ません。(市町村により異なります) パフカルは燃えるゴミとして処分することが出来ます。
また、自然素材な為、土に還ります。

各種ラインナップ、適応性の高さ

4号、3号、72穴、チップ他

多品種の植物に適応

パフカルの蒸散力

植物+パフカルから発生した水蒸気のうち、パフカルから蒸発した水蒸気の割合は40%です。植物による蒸散効果とパフカルからの蒸散効果がプラスされ、快適な生活環境になります。
植物は、湿度が50~60%になると、自然に蒸散が抑えられるという 性質があります。

▲TOPに戻る